のら~りくら~りDai&ちいの子育て道楽

どうも、「Dai&ちい」です。日々の子育ての楽しさ、失敗など、ざっくばらんに書いていきます。

カテゴリ: できるようになったこと

ゴールデンウィークが終わってしまいましたね。
しばらくは祝日がないのが悲しいです。

先日、早口言葉の絵本を借りてきました。幼児向けです。
「隣の客はよく柿食う客だ。」
とか、よく耳にする早口言葉がいくつかのっています。
その絵本を読み聞かせていると、次女も覚えてきたようで、日常の中でも早口言葉をつぶやいています。

「なまむぎなまごめ青パジャマ」

あれっ?何か違うぞ!と思った瞬間でした。

娘二人は、先日買ったうさぎのぬいぐるみが最近のお気に入り。
黄色いうさぎとピンクのうさぎです。

二人で、そのぬいぐるみを使って話したり、ごっこ遊びをしたりしています。

娘たちによって、ぬいぐるみの名前は
「ぴょこちゃん」
と名付けられました。

私が「ぴょこ太郎にしよう!」
と言うと、
「可愛くない!」
と、一蹴されてしまいます。

次女は普段の会話は、まだたどたどしいところがありますが、このぬいぐるみ遊びになると、とても流暢にしゃべります。

きっと、ぬいぐるみを通すことで、自分の普段の考えを知らぬ間に出しているのだと思います。(学芸会などで、普段おとなしい人がやたらと上手な演技をすることがありますが、まさにそれですね。)

そして、その遊びを通して、普段の会話もメキメキと上達しています。

というとで、その遊びにこれからしばらく付き合っていこうと思います。

最近、次女がボタンに凝っています。
と言っても何のことかよくわからないと思います。
自分の洋服のボタンをとめたり、はずしたりすることに凝っているんです。

お風呂上がりにパジャマを着たと思ったら、いきなりボタンを全部はずしています。

逆にお風呂に入ろうと思って、洋服を脱ごうとしたら、またまたボタンをとめています。

普段もそうなんです。
どうやら少しずつ自分でできるようになってきたので、それがうれしいようです。
こちらが手伝おうとすると、すごい勢いで怒ってきます。

何でも自分でやらないことには成長しませんね。
やりたいようにやらせて見守ろうと思います。

最近の次女は、何でも長女の真似をします。
長女が何か言うと、一言一句その通りに真似をして言います。
見ていると、こうやって言葉って覚えていくものなんだなと感じます。
やはり、親の影響力はもちろんですが、歳が近い子同士の刺激は
かなり大きいようです。

長女は幼稚園に通い始めてから、そちらでの影響力もあるので、
きれいな言葉だけではなく、もちろん汚い言葉遣いもすることがあります。
汚い言葉遣いをしてほしくはありませんが、
両方知ったうえで、自分で言葉を選んで遣えるようになってほしいものです。
そうなるにはとても長い時間を要するとは思いますが・・・

そして、言葉だけではなく、行動も真似をします。
言葉や行動を真似しているのを見ていると、
明らかに意味を理解していないような時もあります。
まだ、2歳なので仕草もワンテンポ遅れます。
それが面白くもあり、可愛らしくもあります。




最近、ジャンケンができるようになってきた次女。
突然、自分からジャンケンをしてくることもよくあります。
ジャンケンは時の勝負!
年齢は関係ありません。
こちらもジャンケンだけは全力でいかせていただいてます!

「ジャンケンぽい!」
次女はまだパーしか出せません。
私は容赦なくチョキを出します!

次女にだけは、ジャンケンで負けたことがありません。

大人げないパパでごめんね。

このページのトップヘ