長女は家にいるとき、自分なりに日常生活を楽しんでいます。

家の中の床には転んでも痛くないようにソフトマット(呼び方はこれでいいのかわかりませんが・・・)が敷いてあります。

ソフトマットにはいろいろな種類の色があります。
このソフトマットの上を歩くとき、
「水色の上を歩くと氷になっちゃうよ!」
と言いながら歩いています。

当然、私もそのルールに従わなければなりません。
氷になってしまうと、溶かしてもらわないと動くことができません。(というルールです。)

おかげさまで家の中が何とも歩きづらい感じになっています。

長女にとっては、バランス感覚を養ったり、楽しんだりと、いい遊びになっています。